HOMEピンピンのミニレッスン過去のミニレッスン

ピンピンのミニレッスン



【「没」の説明】

品詞
副詞
発音
ピンイン
mei2
意味
否定
説明
@なし
ここでの「没」は「有(you3)」の否定形で、「没有」のことです。 「有」の否定は必ず「没有」で、「不有」とは言いません。
「有」の意味は「ある、いる、持っている」なので、 否定だと、「ない、いない、持っていない」の意味です。
例えば、ものを所有していない場合、 「我没(有)車」(車を持っていない、車がない)という表現です。

A過去
一般の文の否定は「不」を使いますが、 過去の動作の否定を表すときに、「没」を使います。
例えば、「昨日会社に行かなかった」の場合、 台湾華語・中国語での表現は「昨天我没去公司」です。

B現在
現在していない動作を表すときにも「没」を使います。
例えば、「今雨が降っていない」の場合、 台湾華語・中国語での表現だと、「現在没下雨」です。

C経験
「〜したことがある」のような経験を表すときに、 「動詞+過」は一般経験の文型なので、 経験したことがない場合、動詞の前に「没」を付けます。
例えば、「台湾に行ったことがない」ことを言いたいとき、 台湾華語・中国語での表現は「我没去過台灣」です。


※本文章の著作権は奇檬子台湾華語中国語教室に属し、
本サイトに掲載された記事の無断転載を禁じます。

このページのトップへ



【「不」の説明】

品詞
副詞
発音
ピンイン
bu4
意味
否定
説明
@意志
上の説明の通りで、一般の文の否定は「不」ですが、 もっと詳しく説明すると、意志のニュアンスがあって、 否定のときに、「不」をつけるのはポイントです。
例えば、ダイエット中なので、ご飯を食べない場合、 「我不吃飯」(私はご飯を食べない)という表現です。

A未来
未来の動作の否定を表すときも「不」を使います。
例えば、「明日会社に行かない」の場合、 台湾華語・中国語での表現は「明天我不去公司」です。

B習慣
未来形だけでなく、習慣の否定も「不」を使います。
例えば、毎日遅起きのピンピンは朝ご飯を食べません。 このときの台湾華語・中国語は「我毎天都不吃早餐」です。 つまり、私は朝ご飯を食べる習慣がないという意味です。

C形容詞
形容詞の否定は時間と関係なく、「不」しか使えないので、 過去でも、将来でも、全て「不+形容詞」のパターンです。
例えば、最近ずっと涼しいですよね。 このとき、「昨天不熱、今天也不熱」 (昨日熱くなかったし、今日も熱くない)と言えます。

というわけで、「没」と「不」が両方とも否定の意味を持っているけど、 時間と状況によって使い分けがあるので、使うときに気をつけましょうね!


※本文章の著作権は奇檬子台湾華語中国語教室に属し、
本サイトに掲載された記事の無断転載を禁じます。

このページのトップへ